海べのmasy 川べのmasy


こんにちはマーシーです。東京の川べでお仕事、週末は外房の海べへ。カワウソの様なブログタイトルですが、泳ぐの潜るの大好き。 海べのマーシー 川べのマーシー。
by masy_masy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
イルカの棲む島 御蔵島
at 2013-06-02 23:25
芳香整体@岬 コトノハ
at 2013-05-07 00:14
丸井孝之 白磁展 @御宿 
at 2013-05-04 22:12
流木とシーグラス★
at 2013-05-03 23:37
両国の回向院で 善光寺さん参り
at 2013-05-01 23:12
蛤な一日
at 2013-05-01 01:53
30年ぶりのウェットスーツ
at 2013-04-14 22:37
爆弾低気圧の下、pizzaを焼く
at 2013-04-13 01:27
一瞬。
at 2013-03-31 00:32
新・歌舞伎座 もうすぐ
at 2013-03-29 02:07
フォロー中のブログ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧

ほっとする場所

この春、海を直視できない時期があった。
この海が、こんな静かな海なのに、同じ海なのか・・・
そんな時、東京から外房へ向かう電車の中で、「あ、あそこに行こう」と
思い出した場所があった。なぜか無性に行きたかった。

御宿の岩瀬酒造。
享保8年(1723年)から続く造り酒屋だ。
敷地内に、先代の故・岩瀬禎之氏が撮り続けた
海女さんの写真が展示してあるギャラリーがある。
a0189440_2222130.jpg


a0189440_2235263.jpg


a0189440_2243685.jpg

屈託のない海女さんの笑顔。

a0189440_2302086.jpg


a0189440_2305172.jpg

車座になって暖をとる。

a0189440_241884.jpg

この写真は総理大臣賞受賞「海女の群像」。

a0189440_2414598.jpg


a0189440_1392646.jpg

私は、この写真が好き。
a0189440_1395858.jpg


静かなギャラリーの中で、心から笑っている女たちの笑顔を見ていると
なんだか元気になってくる。
女たちは身体も心も強いぞ。


a0189440_2425188.jpg

このギャラリーはかつて医院だったそうで、天井から下がる手術の機械はそのまま。
酒造の主人が文化人のパトロンをしたり、文化の発信者である時代を
彷彿とさせるお洒落な洋館だ。


帰りは母屋に寄って、清酒「岩の井」を買って帰ろう。
茅葺屋根の母屋の梁は、慶長14年(1609年)に御宿沖で難破した
サン・フランシスコ号の帆柱が使われているそうだ。
漂着したドン・ロドリゴ総督たち317名を手厚く介抱したことで
スペイン・メキシコ修好の契機となり、
御宿の山の上に立派な記念碑も建っているその船だ。
a0189440_346443.jpg


仕込みの忙しいときじゃなければ、11代目のご主人、岩瀬能和さんが
その梁とともに、展示されている写真以外の作品も
見せてくださるかもしれない。
とても知的で温かみのあるご主人だ。

そろそろ今年の「純米 ひやおろし」が出てくる頃。
また行ってみよう。

(写真はご主人のご了解を得て載せています)

by masy_masy | 2011-09-29 01:08 | 岬の普通の日々
<< 山の家探し なかなか行けない所 >>