人気ブログランキング |

海べのmasy 川べのmasy


こんにちはマーシーです。東京の川べでお仕事、週末は外房の海べへ。カワウソの様なブログタイトルですが、泳ぐの潜るの大好き。 海べのマーシー 川べのマーシー。
by masy_masy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
イルカの棲む島 御蔵島
at 2013-06-02 23:25
芳香整体@岬 コトノハ
at 2013-05-07 00:14
丸井孝之 白磁展 @御宿 
at 2013-05-04 22:12
流木とシーグラス★
at 2013-05-03 23:37
両国の回向院で 善光寺さん参り
at 2013-05-01 23:12
蛤な一日
at 2013-05-01 01:53
30年ぶりのウェットスーツ
at 2013-04-14 22:37
爆弾低気圧の下、pizzaを焼く
at 2013-04-13 01:27
一瞬。
at 2013-03-31 00:32
新・歌舞伎座 もうすぐ
at 2013-03-29 02:07
フォロー中のブログ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧

岬の天狗さまの話

どんどこ どんどこ ♪
お庭で海を見ていたら、遠くから太鼓の音が聞こえてきます。
音はどんどんこちらに近づいてきます。
どんどこ どんどこ ♪ 
なんと着物姿の天狗さまが二人、太鼓を叩きながら
小躍りしながらやってくるではありませんか。
天狗さまのお顔は、一人は赤、一人は青です。
目が合ったとき、ちょっとうなづいたような。
そのまま太鼓をたたきながら海の上を歩いて行ってしまいました。

このお話は、お隣さんがここ外房に家を建てて初めて泊まった夜に
夢で見たお話です。

この話には続きがあって・・・
次の年のお正月、初詣でもしようかと地元のお寺に出かけたら!
なんと!赤い天狗さま・青い天狗さまを祀ってあるではありませんか。
「天狗のお寺」として親しまれているお寺「飯綱寺」だったのです。
・・・お隣もウチも初詣に「飯綱寺」は外せません。
a0189440_10531845.jpg

本堂入口の大天狗と烏天狗。
ここは波を彫らせたら日本一と言われている名彫り師「波の伊八」の
欄間彫刻が現存するお寺です。

a0189440_110084.jpg
本堂に入ると、これも伊八作である大権現様の化身である
天狗が目をカッと見開き見下ろしています。(牛若丸と天狗)

a0189440_112136.jpg
左の欄間には、太東の海の激しい波間を飛ぶ龍が。
龍にも羽が生えています。

★★★

今年も元旦は「飯綱寺」に初詣に行ってきました。
実は、家の前の海、
江戸時代には8キロ先まで陸地が広がり、平和な村があったというのです。
1703年の元禄の地震と、それに伴う津波のために
村も寺も流され、今のところに再建されたのだそうな。
伊八はその地震の恐ろしさを後世に伝えるため、
龍に羽まで生やしてしまったのかもしれません。

今年の干支は龍。
羽の生えた龍が日本に幸せを連れてきてくれることを
祈りつつ。

by masy_masy | 2012-01-01 22:46 | 岬の普通の日々
<< 今年はポジティブチャレンジャー... A Happy New Yea... >>