海べのmasy 川べのmasy


こんにちはマーシーです。東京の川べでお仕事、週末は外房の海べへ。カワウソの様なブログタイトルですが、泳ぐの潜るの大好き。 海べのマーシー 川べのマーシー。
by masy_masy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
イルカの棲む島 御蔵島
at 2013-06-02 23:25
芳香整体@岬 コトノハ
at 2013-05-07 00:14
丸井孝之 白磁展 @御宿 
at 2013-05-04 22:12
流木とシーグラス★
at 2013-05-03 23:37
両国の回向院で 善光寺さん参り
at 2013-05-01 23:12
蛤な一日
at 2013-05-01 01:53
30年ぶりのウェットスーツ
at 2013-04-14 22:37
爆弾低気圧の下、pizzaを焼く
at 2013-04-13 01:27
一瞬。
at 2013-03-31 00:32
新・歌舞伎座 もうすぐ
at 2013-03-29 02:07
フォロー中のブログ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧

3.11

あの日から1年経ちました。
地震、津波。そして原発。

ちょうど外房の工房にいたKCの話だと
目の前の海に、見たこともない岩場が広がったのだそうです。
大津波の前の引き波によって、
「いすみの機械根」と名のついた岩礁が顔を出したのです。

江戸時代の延宝房総沖地震の前までは
我が家から沖合はるか4キロ先まで平和な村があったらしいのです。
この岩礁はその陸地の跡ということになるんですね。

この「いすみの機械根」と呼ばれる岩場は
今では伊勢えびの格好の棲家となっているんですって。
大原が伊勢えび漁獲高日本一なのは
この機械根が広がっているお陰なのだそうです。
機械根とは、海中の海女さんに船から機械で空気を送っていたことが
珍しかったので、この名前がついたとか。

延宝の地震でも多くの方が犠牲になり、
今回のように人の価値観や人生観まで変えてしまう
大事件だったに違いありません。

でも、この地のように、いつしか必ず復興できるものです。
長い目で見れば、さらに豊かに飛躍できるかもしれません。

原発の問題さえなければ。
「人間がコントロールできないものを人間が作ってはいけない。」
こうなって初めてわかった私たちにも、責任があります。
後世の人たちのために、できることをしていかねばと
改めて1年後の今日思っています。

a0189440_0365838.jpg

★★★
庭の所々にオレンジの杭が・・・・
穴の奥にいたモグラが外に顔を出そうとしたとき、
アタマを杭にぶつけて「イタタタ・・・」となるのでは
というKC発案モグラ退治メソッド。
残念ながら、モグラはめげずに次々掘っております。

by masy_masy | 2012-03-11 00:35 | 岬の普通の日々
<< 銀座の個展 ♪~ 春なのに >>