海べのmasy 川べのmasy


こんにちはマーシーです。東京の川べでお仕事、週末は外房の海べへ。カワウソの様なブログタイトルですが、泳ぐの潜るの大好き。 海べのマーシー 川べのマーシー。
by masy_masy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
イルカの棲む島 御蔵島
at 2013-06-02 23:25
芳香整体@岬 コトノハ
at 2013-05-07 00:14
丸井孝之 白磁展 @御宿 
at 2013-05-04 22:12
流木とシーグラス★
at 2013-05-03 23:37
両国の回向院で 善光寺さん参り
at 2013-05-01 23:12
蛤な一日
at 2013-05-01 01:53
30年ぶりのウェットスーツ
at 2013-04-14 22:37
爆弾低気圧の下、pizzaを焼く
at 2013-04-13 01:27
一瞬。
at 2013-03-31 00:32
新・歌舞伎座 もうすぐ
at 2013-03-29 02:07
フォロー中のブログ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧

カテゴリ:東京のうまい日々( 19 )


イルカの棲む島 御蔵島

着きましたっ!
今年もまたイルカと泳ぎに御蔵島へ。
金曜夜10時に竹芝桟橋を出て、朝6時に到着です。
a0189440_22421492.jpg

御蔵島は三宅島の隣に浮かぶ小さな島。
太平洋にニョキッと突き出た桟橋は、すぐに波をかぶります。
「御蔵島へは行くけど着岸できるかどうかは海の状況しだい」
という意味の『条件付出航』が当たり前なのです。
ところが今回ははじめての『条件付き』なし。
ベタ凪、快晴のイルカ日和です!
a0189440_2242446.jpg
ぐふふ。新しいウエットスーツも前日に到着。
a0189440_22432874.jpg


宿で休む間もなく イルカ船に乗って出かけます。
5月に来たのは初めてでしたが、まだ人と遊び飽きてないので
勝手に周りをクルクル回ってくれたり。
これからは断然五月がいいな。
とはいえ、つい自分の体力も息をするのも忘れて
ぜぇぜぇはぁはぁ・・・・
a0189440_22451777.jpg


a0189440_22454341.jpg


a0189440_22462099.jpg


a0189440_22464561.jpg


a0189440_22471637.jpg


ペリコさんの動画もすごいよ!→★ポチッ

海の中ではイルカのピーピーやギギギという泣き声が
ずーっと聞こえています。
姿が見えなくなっても泣き声だけ聞こえていることもよくあります。
仲間から離れた青い海中で、ひとりイルカの泣き声を聞いている・・・
それはそれは、とても神秘的な気持ちになります。

そして、この日はちょうど五月の満月。
「ウエサク」という名前がついているくらいで、
なんでも月と地球の間に道が開けるとか開けないとか。
すっかり酔いもまわった頃、
山の向こうから満月がぽっかり。

a0189440_22592660.jpg
みんなでダンス「満月に願いを」。
ダンス動画もあるのだけれど、ちょっと見せられまへんな。
こんなもん撮らせて、デコポンさんスイマセン。
a0189440_23079.jpg
前向きはサービスしちゃおう。
a0189440_231361.jpg

今年も楽しい御蔵島でした。
こんな素敵な体験ができる島に、会社を休まず土日で
行けちゃうなんて、ホントすごい。
東京都 御蔵島です。


実は2週間前にぎっくり腰になってしまったので、
行けないかなぁ~と思った時期もありました。
今回はおとなしく浮いていようと思っていましたが、
イルカに会ったらそうは行きませんね。
思いっきり突っ込んでました^^ やっぱり。

いっしょに行ったみんな、いろいろありがとう。
手配してくれたペリコさん、ありがとうvery much.


(水中写真はペリコさん+masy)

by masy_masy | 2013-06-02 23:25 | 東京のうまい日々

亀戸の奇跡 春編

人が何を食そうが、
どこで楽しもうがどうでもいいですよね。
でも、今日は載せちゃいますよ。

すごい店なんですよ。しかも亀戸!
決してきれいとはいえない薄暗い路地を入っていく、
のれんも出ていない小さな居酒屋風情のお店。
まるで演歌の世界のような佇まいです。
開けにくいガラス戸をガタガタと開けると
6名の小上がりにカウンター6席。
エエトコで修行したヘイさんが自由自在に腕をふるう
通称「亀戸の奇跡」と呼ばれているお店です。
銀座や麻布のどんなお店に行く日より
ちょっとワクワク出かけてしまいます。

今夜は3月15日。
わたくしめの誕生日なので、それを口実に「春の宴会」。
まずは、春の山菜の小鉢がなんと7種類!春爛漫。
いつも「これだけで充分飲めちゃう」と言ってしまいます。
日本酒もおいしいのがそろっていますが
ヘイさんが忙しいので、お酒は半セルフ状態です。
a0189440_23254146.jpg


a0189440_2326625.jpg


a0189440_23272915.jpg


毛蟹やあんきも、桜餅のお吸い物などなどなどの前座が下がると
a0189440_2413781.jpg
どうよ~!
まるで花束のようなお造りでしょう。
ふぐ、ほたて、ホタルイカ、甘えび、あいなめ、
イシダイ、マコガレイでございまーす。

a0189440_2328210.jpg
そして、へいさん渾身の「春の盆」。
ちょっと写真がボケてわかりにくいですが
17種類のお料理が大きなお盆に乗っております。
そして、まだまだお料理は続きます・・・

もう7,8年前か・・・
今回の幹事さんに連れてきてもらったのが最初。
「板さんナニモノ??」って聞いたのを覚えています。
季節の味が楽しめて、必ず感嘆があるのが好き。
最近は食べログなどにも載っちゃってますね。
一見さんが入ってくる店構えじゃないので常連さんばっかりですが
みんな幸せそうに呑んでいます。

あぁ、こういうお店にめぐりあえて幸せ~
そして誕生日を祝ってくれる友だちがいて幸せです。


a0189440_144828.jpg


もう桜が咲き始めました。
春ですね。


by masy_masy | 2013-03-17 01:08 | 東京のうまい日々

ひろ爺さんの米寿を祝う

私のブログに、いつも格調高いコメントをくださるひろ爺さん。

3月3日ひな祭りの日は、ひろ爺さんのお誕生日。
今年で88歳、米寿のお祝いです。

ちょっと、ひろ爺さんをご紹介しましょう。
生粋の薩摩隼人(鹿児島人)で、ずっと警察官をされていました。
私の友人(お嬢)のお父上であり、ときには飲み友達(!)。
80歳のとき、ご夫婦で東京に居を移され、
お嬢夫婦と同じマンションの下の階に住んでいます。
芋焼酎をがんがんいく酒豪ですが、未だかつて
崩れたお姿は拝見したことがありません。

お嬢のご主人に勧められてブログもお持ちです。
高潔な文章に惚れ、実物にお会いしてファンに。
実はちょっと亡き父にも面影が似ています。

米寿を祝う会は、
ひろ爺邸近くの美味しいお寿司屋さんを貸し切りで。
ひろ爺ご夫婦が大好きな3組の夫婦が
お祝いに駆けつけました。
a0189440_2203158.jpg
a0189440_21385439.jpg

2次会のお嬢邸で、ひろ爺さんから尺八のご披露あり。
うーん、お腹にズシンと響くいい音色です。

悪ノリした私たちは、なんと!ひろ爺さんを先頭に
exileのぐるぐるダンス!
もうyoutubeに載せたいくらいの「米寿ぐるぐるダンス」でした。
exileが踊れる88歳は素敵です。


a0189440_223431100.jpg

ひろ爺さんと綾子ママ、いつまでも若々しく
いてくださいね。


ひろ爺さんのブログ

 ひろ爺の日々
鹿児島から東京に引っ越して、つれづれの感じ


この日のことを書いたブログもあがっていますので
ぜひ覗いてみてください。


by masy_masy | 2013-03-07 22:49 | 東京のうまい日々

春の大バースディ大会

このおウチの宴会に呼ばれたら、料理持ち寄りは厳禁。
おいしいものがドンドコドンドコ出てくる。
a0189440_20524781.jpg

a0189440_20533137.jpg



a0189440_20543790.jpg


a0189440_20545577.jpg
恒例!春の「大お誕生日大会」@ダイスケ&ノブ邸
なんせ12名の出席者のうち
7名が2月3月のバースディなんだから。
私もそのうちのひとりなわけです

a0189440_20563415.jpg

誰が着てもかわいい(?)、このケーキのコスプレ。
先日の東京マラソンに着て完走した友人に借りたもの。
何台ものTVカメラに確実に撮られたのに
1秒のオンエアもなかったんだって。
こんな地味じゃだめなんですよね~!と嘆く。
a0189440_20564536.jpg


a0189440_2162399.jpg
あ、私も似合う~カワイイ~^^

楽しくおいしく嬉しい夜でした!
ダイちゃんノブちゃん、ありがとう!!


今回は本人の了解を得ず写真を掲載しています。

by masy_masy | 2013-03-07 21:20 | 東京のうまい日々

 築地ロ・スコーリオ

東京は暑くて、忙しくて、ぐったり。ブログもごぶさた続き。
こんな日はおいしーいもの食べなくちゃ、ね!

昨年10月に築地場外にオープンして、
瞬く間に予約の取れないイタリアンで有名になったロ・スコーリオ。
食いしんぼの友人が3週間前に予約しておいてくれました!

世界一美しい海岸と言われる南イタリアのアマルフィにある本店は
セレブがこのお店目当てにヨットで寄港するんだとか・・
ここは、唯一ののれん分けのお店なんですって。
a0189440_21621.jpg

築地ロ・スコーリオは、海産物屋さんがひしめく、まさに場外の一角。
しかも、かなりお安い店構え。ここなのぉ??


a0189440_2255881.jpg
■野生ルッコラのサラダ バルサミコソース
固い&苦い、ホントに野生の味。新鮮なショック。

a0189440_2165450.jpg

■本日のアンティパスト盛り合わせ
お魚マリネ中心に野菜やキッシュまで、かなりボリューミィ。

a0189440_218245.jpg

■本日の魚介類フリット盛合わせ(ワカサギ、芝海老、アオリイカ)写真左のプレート
あぁ、カリッとおいしい。ワインがすすみます。

a0189440_2183886.jpg

■本日の貝いっぱいパスタ
パスタのゆで方は驚きの超超アルデンテ。
硬め好きな私はこれもうれしいポイント。

a0189440_219145.jpg

■ズッキーニのパスタ この店のスペシャリテ。
たっぷりの薄切りズッキーニをソテーしてパスタとあえて、
パルミジャーノをたっぷりかけて。
予想以上にこってりですが絶妙です。再現してみよう。


a0189440_219205.jpg
アカカサゴのアクアパッツァ
調理方法はカルパッチョ、アクアパッツア、炭火焼から選びます。
バットで出てくるのもイタリアの漁村ぽいね。
我が家で作るアクアパッツァとはひと味ちがうなー。

そのあと、一応お肉やデザートもいっときましたが
ここはお魚攻めが正解かな。

コーヒーがやたらおいしかったので、あとで調べてみたら
やっぱり!かなりのこだわりが。

元々が海辺のレストランだから、陽気でワイワイ楽しい雰囲気。
その昔、ナポリやサルデニアで入ったお店を思い出しました。
味も雰囲気もお気に入りのイタリアンを久々に発見。

最近は築地のイタリアンをツキジタリアンと呼ぶんだとか。(bYブルータス)
確かに、新しいイタリアンが増えてるもんね。

外房にも、このくらいのお店ができたらいいんだけどなぁ。
どなたか頑張ってみませんか~。


さぁ、暑い夏をがんばろう^^

築地 ロ・スコーリオ
ランチもやってますって

by masy_masy | 2012-07-27 02:42 | 東京のうまい日々

★★ 代々木公園 ACOTの塩ケーキ ★★

ひさびさのTOKYOフリーディ。
2週間ぶりの休日なのに、朝早く起きて活動開始。
友達とお買いものしながらしゃべるしゃべるしゃべる・・・

東京中をさんざん歩きまわって
今日の最終目的地ACOTへ到着しました。
塩スィーツブームの先駆けとなった塩ケーキを生み出した
焼き菓子のお店 代々木公園 ACOTです。


a0189440_241681.jpg

つい先日まで同じ会社で働いていた遊び仲間、樋口さんがオーナー。
会社にいたころは、毎日睡眠時間3時間!で毎晩塩ケーキを焼いていたそう。
ずっと超多忙な二足のわらじ状態だったわけです。
通販も人気だし、土曜はお店も開けているので、そりゃ大変だー。
あれあれ、ちょっと会わないうちに、心なしか顔色がよくなってますよ。

a0189440_1483410.jpg
向かって左がベストセラー塩ケーキ。右がNo.1人気の塩バターキャラメル。
a0189440_1492730.jpg
『ACOTの焼菓子』という素敵な本まで出してますからね。
a0189440_251939.jpg
今日のお目当ては、新作の「レモン&ジンジャーのチーズケーキ」。
しょうがの味が濃くてさっぱりしたスフレのよう。

a0189440_253172.jpg


a0189440_254081.jpg

とにかく厳選された素材だけを使ったこだわりの焼き菓子たちがいっぱい。
お客様もひっきりなしで、おしゃべりしてる間に
私のお持ち帰り分がなくなっちゃうところでした。
おいしいうえにお客様への心配りも完璧。
今日はがんばる友人を見て勉強させていただきました。

塩ケーキは2週間もつので、ちびちびいただきます♪

ACOT
お店のオープン状況やイベントはブログで。
http://acot-blog.jp/blog/

by masy_masy | 2012-06-04 01:19 | 東京のうまい日々

妙齢祭り

パソコンが不調だったので、怒涛の3連発投稿です。
・・・・・
半月遅れでお誕生会を開いてくれた。

妙齢女子が16名も勢ぞろい。
お店は、目黒の「太」。
a0189440_2252928.jpg
これ、「太い」とか「太る」ではなく、
『タ』と読みますよ~。そこ、よろしく。

お誕生会は口実で、楽しく美味しい会で集まろうというもの。
女子の結束は固いですなぁ。
来月のお誕生会も、もう決まっていますよ。

妙齢のお誕生会は楽しい。

PHOTO:tajinei

by masy_masy | 2012-03-30 02:25 | 東京のうまい日々

贅沢なハシゴ

目黒「太」がお隣のビルにお引越しオープンの日。
席数はそう変わらないけど広々気持ちいい。
大将オメデト!!
a0189440_23233278.jpg

a0189440_23234589.jpg




お客様がどんどこお祝いに駆けつけるので、早々に退出して
中目黒「一饗」へ。
a0189440_094421.jpg

ここはね、いちいちお料理が綺麗。

a0189440_23281319.jpg
九条葱ソースのかかった地鶏。輝いてます。

a0189440_23271251.jpg
新じゃがのフォアグラチーズ。

a0189440_2325228.jpg
大将の隠し酒。四国の若松!ドライシェリーのような素敵なクセのある日本酒。

a0189440_23252639.jpg
しらこの茶碗蒸し。中からお宝が続々。肴になる濃い目の出汁が旨い。

a0189440_23254823.jpg
生ハム握り。中には鰻ですよ~。
書いてみるとビックリな高カロリーですな。

中目黒だから、おしゃれな居酒屋風なれど、食すると深い大人の味わい。
大将が益子出身なので、すべて器は益子焼き作家物。

どちらのお店もなかなか予約がとれないお店だけれど
こういう丁寧なお料理を出すお店は、すべて友人のナビさんが
(食のお店ナビでナビというあだ名)足でさがしたお店。
感謝です。


目黒 太    
http://r.tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13034770/
中目黒 一饗 
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13094581/

by masy_masy | 2012-03-01 23:31 | 東京のうまい日々

Restaurant S

食のブログじゃないので、やめておこうと思っているのですが
ついつい「東京の川べのmasy」はおいしいもの日記になってしまいますなー。
a0189440_3313696.jpg

田崎真也さんのお店「S」へ。
黒基調のお部屋はワイングラスがキラキラ輝くようライティングされていて
高級感ありあり。
a0189440_332295.jpg


ところが、お料理は前菜・温皿・肉料理のプリフィクスが3990円。
なんと!ワインのフルボトルも全部3990円なんです。
ワインリストのワインが全部同じ値段ということ!
これなら、何も心配することなくソムリエさんにあーだこーだご相談申し上げて
お料理とも最高のマリアージュの1本を選べるってわけね。

a0189440_3325046.jpg
『値段やブランドに左右されずに、ソムリエに相談しながら、
自分の好みに合ったワインを選んで
美味しいと思いながら飲むのが一番』
という発想なんだそうですよ。

この日はご馳走いただく立場でしたので、
あーだこーだは言わず、写真も最低限で。

a0189440_3334573.jpg

a0189440_3344100.jpg
お料理のCPもなかなかです。
チーズも、これまた10g20円という同一発想。

若い方のおデートというより
ワイン好きの大人が4,5人でという使い方が多いようでした。
ちょっと音響が悪いのが玉にキズかな。

今度、あーだこーだ相談してみよう。

虎ノ門 レストランS

by masy_masy | 2012-02-29 23:19 | 東京のうまい日々

仕事ばっかりしてちゃイカンな、と
社内のくいしんぼに「今晩おひま?」メールを出してみる。
a0189440_23461386.jpg

先日初めて行ったお店で虜になった
『鮑のやわらか煮 蕪のプリンとコンソメジュレ』の写真を添付。
ひひひ・・・この写真を見たら、必ず行ってみたくなるでしょう。
あっという間に3人釣れましたよ。
ほうっておいたら10人くらい釣れそうでしたが、
このお店はカウンターメインなので4人で〆切りました。

八丁堀にあるCATORAというフレンチ。
外房の友人がグルメのお客様にゴチになったお店で
私も彼女のブログの鮑写真を見て行ってみたのが最初です。
鮑の吸引力たるや素晴らしい!
キラキラ鮑(勝手にあだ名まで!)はお店のスペシャリテだそうです。
オニオングラタンスープも甘くうっとり。
a0189440_23475280.jpg
鴨のカスレもしつこくなく、ペッパーのパンに合う合う。
a0189440_23483650.jpg


メニューにはブタンノワ-ルやナバラン、ジビエ系も。
12席の小さなお店ですが、ワインもそこそこ揃えてあります。
大変でしょうね、とついつい応援したくなりますなぁ。

何をいただいても和食のような懐かしさを感じるフレンチ。
心とカラダにやさしい「なごみフレンチ」って感じです。

CATORAお店のHPにMENUは出ていませんが鮑は必ずあるそうです。

by masy_masy | 2012-02-15 23:49 | 東京のうまい日々