人気ブログランキング |

海べのmasy 川べのmasy


こんにちはマーシーです。東京の川べでお仕事、週末は外房の海べへ。カワウソの様なブログタイトルですが、泳ぐの潜るの大好き。 海べのマーシー 川べのマーシー。
by masy_masy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
イルカの棲む島 御蔵島
at 2013-06-02 23:25
芳香整体@岬 コトノハ
at 2013-05-07 00:14
丸井孝之 白磁展 @御宿 
at 2013-05-04 22:12
流木とシーグラス★
at 2013-05-03 23:37
両国の回向院で 善光寺さん参り
at 2013-05-01 23:12
蛤な一日
at 2013-05-01 01:53
30年ぶりのウェットスーツ
at 2013-04-14 22:37
爆弾低気圧の下、pizzaを焼く
at 2013-04-13 01:27
一瞬。
at 2013-03-31 00:32
新・歌舞伎座 もうすぐ
at 2013-03-29 02:07
フォロー中のブログ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧

カテゴリ:東京の普通の日々( 47 )


両国の回向院で 善光寺さん参り

江戸時代に回向院で行われた
善光寺の出開帳は大変な人気で
中でも空前の賑わいをもたらした安永7年(1778)では、
60日で1,603万人の参詣があったとも言われています。
(大田南畝『半日閑話』)

a0189440_20193941.gif
写真は「善光寺如来御開帳之図并両国広小路賑」©墨田区

4月27日(土)~5月19日(日)、
東日本大震災で亡くなられた方々の
ご供養と被災地の復興支援を目的として、
回向院で出開帳が行われています。
a0189440_2152862.jpg


さっそく初日にお参りしてきました。


善光寺のご本尊のご分身がいらしていて
遠く長野まで行かずして、御影が参詣できるのです。
真っ暗な回廊の中で「極楽の錠前」に触れる「ご戒壇巡り」もありました。
ふふふ・・・これで極楽浄土へ行けるかしら。

JR両国駅から回向院までの回向院ストリートは歩行者天国となり
両国にあるすべてのちゃんこ料理屋さんが
屋台を出していて、食べ比べができましたよ。
a0189440_2145181.jpg


あら、この派手な衣装は「お稚児さんの行列」かしら??
と思ったら、なんと妙齢の「南京玉すだれ」ご一行さまでした!
写真を撮っていいわよ~と
ご覧のような実演までしてくれました。


a0189440_2142392.jpg


実は、回向院といえば、私の通った幼稚園もここ。
小さい頃よく遊んだ境内は現代的に様変わりしていました。
昔からあるねずみ小僧次郎吉のお墓は大層立派になり
賭け事のご利益を求めて人が絶えません。
いまや地元の人気スポットの一つだそうな。

善光寺の仏様のお陰で
半世紀も前の思い出がちょっぴり蘇りました。
善光寺出開帳 
http://ekoin.or.jp/event201301/


by masy_masy | 2013-05-01 23:12 | 東京の普通の日々

新・歌舞伎座 もうすぐ

a0189440_0443210.jpg


a0189440_0554757.jpg
新・歌舞伎座お披露目まであと6日。
銀座通りを1丁目から4丁目まで
なんと歌舞伎俳優総勢63名のお練りがあるとな。
銀座で打合せのちょっと前の時間・・・・
ちょいと並んでみた。

遅刻した俳優がいたらしく40分押しですって。
沿道の観客は小雨降る中ずーーーっと待たされているらしい。
これはラッキー!間に合った。


a0189440_0464251.jpg
あ、七之助!
番傘にして欲しかった。


a0189440_058963.jpg
菊之助!
a0189440_047988.jpg
お辞儀してるのは、たぶん海老蔵^^


オリンピック選手のように車に乗ってではなく、地べた練り歩きなので
まったく見えないのであった・・・・・寒かった。
(写真は友人夫妻撮影)



a0189440_0504315.jpg
そして、打合せの後、歌舞伎座へ回ってみた。
今日は招待客観劇のまがまがしい日だったのだ。
次々にハイヤーが止まって素敵なお着物のご婦人や紳士がご到着。
エントランスの狭さは前とおんなじで大混雑。
高層ビルを背負った建物なのだけれど、
灯りがつくと新しい歌舞伎座であることを忘れた。
ここで歌舞伎が見られるワクワク感が蘇ってきた。

a0189440_1594237.jpg

a0189440_0481442.jpg
地下鉄の駅と直結した地下の「木挽町広場」も
オシャレで使い勝手もよさそう。

そして今日、杮落とし公演 第1部のチケットが手に入った。
うひょひょーいなのである。


by masy_masy | 2013-03-29 02:07 | 東京の普通の日々

River Side Walking

a0189440_117758.jpg

海辺のかわりに川辺をウォーキング。

会社の行き帰り歩くことにしました。

ヘッドフォンで音楽がんがんです。

朝からハイテンションになっちゃって、

誰もいない川べりで一瞬踊ったりもします。

気分はニューヨーカーです。


a0189440_1334554.jpg



by masy_masy | 2013-01-10 01:33 | 東京の普通の日々

今日は クリスマス イブ

【海べのマーシー】

毎年毎年クリスマスが近づくと
銀座のイルミネーションは楽しみですが
忘れられない銀座のクリスマスがあります。
それは1995年と1996年のクリスマス。
もう17年前のこと。

夫、KCのイラストレーションが、
松屋デパートのクリスマスキャンペーンで使われたのです。
a0189440_23274691.jpg

その何年か前、銀座にある広告プロダクションのアートディレクターだったKCは
イラストレーターになろうと決心して会社を辞めました。
でも、イラストレーションの仕事がほいほいやってくるわけもありません。
そこで、よく旅していた大好きなイタリアを描いた
イラストレーション集「J」を印刷して
著名アートディレクターの方々に送ったのです。

a0189440_931526.jpg



1年くらい経った夏、
青山のKCの個展会場に、ひとりのおじさまが飛び込んできました。
それが松屋デパートのアートディレクター水野さんでした。
ちょうど私も居合わせたので、よく覚えていますが
「時間がないのでゆっくり話せないが
キミからもらったブック「J」はとてもいい。
僕は大好きで、いつも持ち歩いている。
松屋デパートでキミのイラストレーションを使いたいから
他の流通関係の仕事をしないで待っててくれないか」

とっても短い会話でしたが、何度も大好きとおっしゃる姿に
二人でじーん・・・としたのを覚えています。

いくつか他の流通のお話が舞い込んできましたが
KCは松屋の水野さんからの連絡をお待ちしていました。

そして2年連続でKCのイラストレーションが松屋のクリスマスを飾ったのです。



a0189440_2328253.jpg
その頃はバブルの絶頂期で、とにかく派手。
デパート外壁は電飾でKCのサンタさんやソリが走りまわり、
ショーウインドゥはもちろん、中も各階いたる所にKCサンタさん。
絵本のような小さな本も大好評。
銀座の街をKCサンタの紙袋を持った女性が大勢歩いていました。
クリスマスのキラキラ時期に、それはそれは素敵な光景でした。

水野さんはもう天国にいらっしゃるのですけど、
KCが奥さまと最近Facebookで再会させていただいて
懐かしく思い出しています。




今年のクリスマスの松屋デパート。
うーん、ちょっとさびしい?


a0189440_2191091.jpg


by masy_masy | 2012-12-24 09:12 | 東京の普通の日々

ブルガリのヘビ

【川べのマーシー】

銀座へでかけたら、
ブルガリのビルに来年の干支がとぐろを巻いてました。
a0189440_2250686.jpg


a0189440_2250304.jpg
カルチェは毎年おなじみ。

a0189440_22545242.jpg


a0189440_22482558.jpg


a0189440_2249343.jpg
今年ももうすぐクリスマス。

by masy_masy | 2012-12-07 23:04 | 東京の普通の日々

ワイルドだろ~ 西荻窪ハウス

【川べのマーシー】

若い友人(未婚女子OL)が,中央線の西荻窪徒歩5分の
古い一軒家を購入して、自分でリフォームしましたよ。
興味津々,潜入してまいりました。

築50年越え。もとは怪しい整体院だった物件だそうな。
a0189440_23401372.jpg

1階は友人に貸して、春にはスペインバル開店の予定。
2階がワンルームの生活スペースです。
春からコツコツお友達に手伝ってもらいながら、ほぼ完成。

スケルトンにして流行りのリノベーション?
いやいや古い家だから、やっぱりリフォームっていうのかな。
アイデア、遊び心いっぱい。好き勝手やりましたね~

2階への階段横はいきなりボルダリング道場。
本人が登場です
a0189440_23514415.jpg
これ、本格的なものらしい。

a0189440_23515446.jpg


a0189440_23563527.jpg
はなまるアイデアは、この4つの可動式の収納BOX。
宴会時は自由自在にカタチを変える小上がりに、
通常はベッドに変身する優れモノ。
今回はみんなでここに座って宴会です。

a0189440_0431049.jpg


a0189440_043332.jpg


a0189440_0404143.jpg


a0189440_0413630.jpg

洗面所も古いミシンの台をアレンジ。いいセンスしてる。
a0189440_0541751.jpg

お料理大好き、保存食作りが趣味だからキッチンにもこだわり。

一見ワイルドだろ~に見えて、ドアノブや蛇口一つ一つに
女子らしいこだわりがチラチラ。

若いなぁ。若いっ。
こういう物件をモノにする勇気も若いし、
自分でリフォームしようと考えるのも、
出来上がりの柔軟なアイデアも行動力も。
若いっ!素敵!パチパチ!
これから着手する1階のスペインバル内装も
楽しみです。

お土産に沖縄旅行で購入した「ブタの顔」から作った
パテのようなものをいただきました^^


by masy_masy | 2012-12-06 01:10 | 東京の普通の日々

強運厄除け 小網神社のどぶろく祭

【川べのマーシー】

ランチがてら、会社の近所の小網神社「どぶろく祭」へ。
かなりなご年配者を中心に列ができています。
お神楽も華やかに、気分は一気に年末な感じ。

a0189440_229436.jpg

どぶろく祭とは一般にいう新嘗祭のことで、
毎年11月23日に、その年に収穫された新穀とともに
神饌田の新米をかもして作ったにごり酒をお供えするそうな。
28日には参拝者にふるまうところから「どぶろく祭」と呼ぶらしい。
a0189440_2291053.jpg
お参りの後、巫女さんからどぶろくをいただきます。
お昼からどぶろく・・・と思ったら、ほんのひと口^^

a0189440_2293343.jpg

この神社、強運厄除けの神様として下町では有名です。
戦争のとき、この神社のお守りを持った氏子の兵隊さんが全員生還されたらしい。
かの大空襲でも奇跡的に焼けなかったとか。
そういえば、父の会社を継いだ弟もお正月や大きな商談前には
お参りしているって言ってたな。
渡航安全で「飛行神社」とも呼ばれていて、
海外に前に行くといいと聞いたこともあります。

a0189440_2293192.jpg
このみみずく、早々と売り切れていましたが
強運厄除けのみみずくです。
あー、このみみずく!祖父が毎年買ってきて飾っていましたっけ。

もう少し待つと、無形文化財の「里神楽舞」奉納が始まるとのことでしたが
午後すぐに打合せがあるので、時間切れでお昼ごはんへ。

うちのおじいちゃんも寒い中待っていたのだろうか、と
ちょっとおじいちゃんを思い出したどぶろく祭でした。


■■中央区日本橋小網町16-23 小網神社
お正月には七福神めぐりも。
弁財天と福禄寿のお社

by masy_masy | 2012-11-28 23:09 | 東京の普通の日々

自分全開な個展2つ 壺とオブジェ

台風も去った気持ちいい秋の週末、
これまた気持ちいいほど自分全開な個展に2つ行きました。

まずは、外房のお隣さん。
東京原宿で『壺』の個展が始まりました。
a0189440_129405.jpg



a0189440_11192518.jpg
海の目の前のベランダに並んでたっぷり潮風を吸った壺たちが
全然違って見えます。
ほとんど見たことあるはずだけど、ほとんど初対面な感じ。

a0189440_1102219.jpg
お、大好きな「フュニャ壺」(私がそう呼んでいるだけ)が、売れちゃったぜ。

a0189440_1132479.jpg
緊張感のある壺、弛緩したゆる壺・・・毎日毎日海を見ながらせっせと制作した
お隣さんの集大成ですね。
この大きさだけど、全部紐作りで仕上げてます。
壺作りの合間に「セグロのクサレ」という鰯の発酵食品も製造してるんだけど
会場で出してくださった「ポテトとパスタのクサレソース」もおいしかった~^^

浜名一憲 壺展 @原宿Playmountain
10月19日(金)-29日(月)




a0189440_10435289.jpg

そして、もう1つは日本デザインセンター時代の友人の個展。
酒井さんは、30年くらいずっとこういうオブジェを制作している
イラストレーター&デザイナー。最終日に滑り込み。

a0189440_12435384.jpg
以前は漂流物だけの制作が多かったせいか、
アースカラーの素敵に「枯れた」印象でしたが、
POPな若々しい印象に変身していました。
女性誌の依頼が多いから、だんだん華やかになってきたんだそう。

a0189440_12323746.jpg
酒井さんのアトリエ、一回遊びに行ってみたいな。
素材がいっぱいですごいことになってるらしい。
ずっとずっとブレない酒井ワールド、楽しい展覧会でした。

a0189440_1221365.jpg


酒井賢司オブジェ展 『夢見るチカラ』
@銀座 ギャラリーカノン ~10月20日終了

by masy_masy | 2012-10-21 12:54 | 東京の普通の日々

モデルデビューと フォトジェニックな雲

KCが雑誌Hanakoでモデルデビューしました。
メイクの山本浩未ちゃんのご指名(?)でなんちゃってモデル。
面白そうだから、私も白金のスタジオへついていきました。
カメラは、あの横浪修さん!
コスチュームは、なんとピンクのパジャマ!
クマさんやウサギさんのぬいぐるみとレースいっぱいのベッドに寝る設定。
これ、なんだろね。発売が楽しみです。
a0189440_20523791.jpg




a0189440_2048170.jpg
撮影後、外房に向かうレインボウブリッジから。
車の助手席からi-Phoneでt撮ってもこんな素敵な雲。

a0189440_20482175.jpg
今年の夏は、ツイッターやFacebookに雲の投稿が多かったなぁ。
その理由は・・・・晴れが多かったからかなと思い当たりました。
青い空に白い雲、写真撮りたくなるもんね。

a0189440_20484826.jpg
このあと土砂降りの雨。
1ヶ月ぶりの雨でした。

a0189440_20501064.jpg
今晩は満月+1日、
実は、外房のお隣の奥さんと満月の海で泳ぐ約束でした。
夜、満月が見えないばかりか、思いっきりの豪雨・・・

明日もTEDさんのTED CUP2が開催されるのに。
晴れを祈る。

by masy_masy | 2012-09-01 20:46 | 東京の普通の日々

AKI-OKA 2K540

ここのところ仕事で秋葉原へ通っている。
ちょっと前とは全然ちがう街、AKBだ。

仕事の合間に前々から気になっていた「2K540」
(ニーケーゴーヨンマルと読むんだって)に行ってみた。
これは鉄道用語で東京駅から2k540Mという意味だって。
a0189440_1035281.jpg

a0189440_10365434.jpg

AKI-OKA ARTISAN
秋葉原から御徒町の間のJR高架下をオサレに改造して
50以上の工房兼ショップが集まる
「モノづくり」の街ができていた。


a0189440_0173361.jpg
この人は奥の工房でジュエリーを作っている。
a0189440_0175926.jpg

帽子に、桐工芸、エプロン、皮製品、メガネ、鉄、木工・・・・
a0189440_0183874.jpg

ここは万華鏡のアトリエ。ワークショップも開催。
a0189440_1112712.jpg

フィレンツエの工房で修行してここにショップを持ったという
若いジュエリーデザイナーのお店が気になるな。
しなくなったリングの石で何か作ってもらおうかな。
作品がしっかり見られて、じかに話せて、目の前で作るって
オーダーの基本ですものね。

a0189440_0235422.jpg

もともと貴金属や皮や木工の職人さんの街だった御徒町周辺を
トレンドに乗せようとJR東日本が仕組んだもの。
全国からARTISANが集まってきているが、定着するか。
土日はすごい人出らしい。

AKBはメイドカフェとAKB48だけじゃないんだね。

a0189440_8453123.jpg

a0189440_846566.jpg

和歌山の棕櫚で編んだテーブル用ブラシ!
ずっと探してたのよね。
それと海用に今治の手ぬぐいお買い上げ。マリン柄^^

by masy_masy | 2012-07-14 06:14 | 東京の普通の日々