海べのmasy 川べのmasy


こんにちはマーシーです。東京の川べでお仕事、週末は外房の海べへ。カワウソの様なブログタイトルですが、泳ぐの潜るの大好き。 海べのマーシー 川べのマーシー。
by masy_masy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新の記事
イルカの棲む島 御蔵島
at 2013-06-02 23:25
芳香整体@岬 コトノハ
at 2013-05-07 00:14
丸井孝之 白磁展 @御宿 
at 2013-05-04 22:12
流木とシーグラス★
at 2013-05-03 23:37
両国の回向院で 善光寺さん参り
at 2013-05-01 23:12
蛤な一日
at 2013-05-01 01:53
30年ぶりのウェットスーツ
at 2013-04-14 22:37
爆弾低気圧の下、pizzaを焼く
at 2013-04-13 01:27
一瞬。
at 2013-03-31 00:32
新・歌舞伎座 もうすぐ
at 2013-03-29 02:07
フォロー中のブログ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧

<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


わかしお前にビーチで

[海べのマーシー]

よく晴れた日曜日。であるが今日はお仕事である。
9:30の上総一ノ宮発東京行きに乗るため
早朝ノルディック・ビーチ・ウォーク in TAITO。
a0189440_0354690.jpg
朝早いほうが風がないのね。
なんだかハワイの朝のような気持ちよさですよ。

a0189440_0365483.jpg
ビーチになにやら白い棒を立てている人発見!
地元のサーフィン協会が協力してやっている
「いすみ市 渚の安全調査管理室」の方でした。

毎朝、太東ビーチの放射線量をモニタリングしているんだそう。
全体に数値は低めで安定していて、
「駐車場より、さらにビーチや波打ち際のほうが低いから
安心してウォーキングしてくださいね」って。
ありがとうございます。
あとで掲示板を見たら、本当に数値は3分の1なんですね。

a0189440_163544.jpg


a0189440_163184.jpg

この掲示板、太東ビーチの「ぺんぎん」下にあります。

今日は1時間だったけれど、海にいるって気持ちいい~
早朝のサーファーは
波乗りが生活の一部になっている人ばっかりみたいね。
ササッとやってきて
ちょっと楽しんだらササッと帰って行く・・

今日は、それを見ながらササッとウォーキングの私も
気分はサーファーでした。


渚の安全調査管理室

by masy_masy | 2013-02-25 01:32 | 岬の普通の日々

和歌山の干物

今日は、思わずほろっとしちゃった宅急便のおはなし。

KCは和歌山の新宮出身。
お母さんのように慕っている「ナカムラの叔母さん」から
干物が届きました。

「えー?おばさん、外房だって干物あるからいいよー」

「なに言っとるん。和歌山の干物はおいしんやで。
今度のは塩かげんもちょうどええしな。」

まぁ、いつも電話で繰り返されるやり取りです。

本当は嬉しくて仕方ない叔母からの宅急便ですが
もう80歳過ぎて1人暮らしの叔母に手間をかけさせては・・と
KCなりに気を使っているのです。
a0189440_1559521.jpg

ダンボールの底に、
叔母が庭で育てた立派な文旦がたくさん。
なんと、文旦の食べ方見本まで作って入れてくれてありますよ^^

a0189440_15591765.jpg

そして干物の上には2月6日に行われた「お灯祭り」が特集された紀南新聞!
「お灯祭り」は1400年以上続く神倉山の例大祭で、
熊野の誇る勇壮な火祭りです。
KCが今年参加しようかと悩んでやめてしまったのです。

a0189440_15592946.jpg


a0189440_1615151.jpg

サンマにアジにカマスの干物。
それに「めはり寿司」を作る高菜の漬物。
もちろんナカムラの叔母さん作。
(写真は私が作っためはり寿司完成品)

KCも私も大好きな通称『新宮セット』。
地球最後の晩餐は何食べたい?と聞かれたら、
『新宮セット』と日本酒だね、と話しています。

私は東京育ちで親元を離れたことがなかったので
叔母の愛情一杯の宅急便と
ダンボールに詰める叔母の姿を想像すると
ついつい涙腺が緩んでしまいます。

ナカムラの叔母さん、ありがとう。


by masy_masy | 2013-02-17 17:02 | 岬の普通の日々

ほっこり岩手 その2

雪国は雪の季節に行くのがいいですね。
しーんとして。

a0189440_922062.jpg

岩手でちょっといい宿を見つけました。
お部屋の半露天の温泉から  ソファから
ゆったりと雪景色を眺める時間はとろけそうな心地よさ。
源泉かけ流し。ぬるめのお湯です。
オーベルジュと紹介されている『山人』。
地物を使った夕食朝食ともに食の印象も強烈です。


a0189440_852509.jpg

a0189440_8461175.jpg



ここから新緑も眺めたい。ちょっと贅沢だけどね。

西和賀には村の温泉にも、いい泉質の湯がたくさんあります。
お気に入りは、まろやかな泉質の真昼温泉、
ぴりっと強めの錦秋ハーブ温泉。
こっちは250円で天国。




岩手 山人yamado
http://www.yamado.co.jp/


by masy_masy | 2013-02-16 09:18 |

ほっこり岩手の雪あかり

岩手の友人を訪ねてきました。
東北新幹線で北上へ、大寒波の地吹雪の中ローカル線に乗り換えて
「ほっとゆだ」駅へ。
4WDにスタッドレスをはいたレンタカーで友人宅へ向かいます。
秋田の県境に近い内陸、豪雪地帯です。
雪国はスキーに行っただけ。それも、ヤングな頃のことなので
久しぶりの真っ白な世界にテンションあがりまくりです。

a0189440_1462882.jpg

a0189440_1343984.jpg友人宅も 1階は雪で埋まっていました。

a0189440_1352982.jpg
陶芸小屋も倉庫もすっかり埋まって、まるで日本昔ばなしの絵のようです^^


a0189440_292950.jpg
緑の木立がキラキラしていた窓からの景色も、この通り。

a0189440_2133260.jpg
セコム君のお散歩もちょっと覚悟がいりますね。


ここ西和賀町は雪に掘った穴やミニかまくらの中にロウソクを灯す
『雪あかり』発祥の地なんですって。
2月11日は町をあげての『雪あかり』の日なのです。
町の1軒1軒にロウソクが2個ずつ配られるそうで
門燈のようなかわいい雪あかりから
地元の会社や農協などが作った大きな作品までいろいろあります。

というわけで、かなり驚いたのは・・・・!
雪まつりのようにメイン会場にドーンとあるのではないのです。
東西40㌔(!)に伸びた町にたくさんの作品が点在していました。
しかも雪あかりと雪あかりの間の距離がかなーりあるので
高い雪の壁のできた道路を走りながら
あ!雪あかりあったあった!と徐行して楽しみます。
雪道の運転になれていないので、ちょっとスリリング。

という見方をしたため、いっぱい雪あかりを見たのですが
写真が撮れない!のです。トホホ。


a0189440_1164596.jpg

a0189440_2143427.jpg



a0189440_117510.jpg


西和賀の雪あかり、東京からの観光客はほとんどいません。
町の人のお祭りに混ぜてもらったような、ほっこりいい感じです。
前日の吹雪もやんで、いい雪あかり日和でした。
ゆっくり見るなら、雪あかりバスも出ているそう。



a0189440_1181760.jpg
 このトーマスは秋に外房に窯を運んでくれた文三さんの力作。

by masy_masy | 2013-02-13 06:28 |

ビーチ・ウォーキングと蛤

【海べのマーシー】

a0189440_2021934.jpg
もうすっかり週末の定番、ビーチ・ウォーキング。
今日のビーチはなんだか歩きにくくて、すぐに汗をかき始めた。
太東ビーチは鉄分が多いので、キュッとしまってて歩きやすいが
昨日と今日では砂浜が全然違うことがある。
はぁ、足が砂に埋まり気味で疲れるぅ~

a0189440_20212860.jpg

a0189440_20214746.jpg


a0189440_2022156.jpg
偶然赤いジャケットのKCとマモさん、なんだか楽しそう。
a0189440_2022241.jpg
お、また赤いおじさん登場!手にはポールじゃなくて網。
蛤が波に乗ってやってきたところを網でヒョイと取る。
こんな蛤取りは見たことない。蛤拾い??

a0189440_20223769.jpg
向かって左が日本蛤、右が朝鮮蛤ですって。
これ、今日の発見。

a0189440_20225327.jpg
いろいろお話している間に、もしかして・・・・
おじさんではなくおばさんかも^^・・・不明


帰りに、みんなで新しくできた海沿いのタイ料理屋さんでランチ。
せっかく歩いたのにね。

a0189440_2023828.jpg
美味しかったです。

by masy_masy | 2013-02-03 20:59 | 岬の普通の日々

ジャカルタ その2

忙しくて1週間たってしまいましたが
ミョのジャカルタ暮らしレポートに続いて、またジャカルタ。

久しぶりのジャカルタで驚いたのは、
ますます高層ビルが増えたこと。
それとfacebookにも書いたけど、女性が華やかになったことかな。
イスラム女性が頭に被るジルバブ、
こんなカラフルだったでしょうか。
明るい色が増えて、柄物もいっぱい、
スワロフスキーのようなストーン付きが流行の模様。
a0189440_19334144.jpg


a0189440_1933789.jpg

街のコーヒー売りのおばさん。いい笑顔。
a0189440_19332813.jpg
この方は敬老会でお菓子をいただいてきたところだそうな。
ちなみに平均寿命60歳、だから40歳から老人なんだって!
グリーンのグラデがきれいです。


a0189440_19335983.jpg
こちら、ちょっとお金持ちなお二人。

インドネシアの人はかなり人なつこくてコミュニケーション大好き。
facebook普及率も98%。
一緒に写真を撮りたがる人が多いのは、そのせいかな。
インドネシアのfacebookに私の顔がいっぱい載っているかもしれない。

a0189440_19343020.jpg
市場には日本でおなじみの野菜が多いけど
かなり小さいか痩せてますな。

a0189440_19345126.jpg




a0189440_1935718.jpg


a0189440_19352835.jpg
そして彼女はjamu(ジャムウ)売り。
jamuとはインドネシア独特の野草の煎じたもののようなものらしい。
道端で売ったり、各家庭を回って売るのだけれど、
一人ひとりの症状や体質に合った処方でMIXしてくれるんだって。
私には「はい、食べ過ぎ、飲み過ぎ用作っといたよ」
と言われるところでしょう。

知れば知るほど興味深いインドネシアです。


by masy_masy | 2013-02-02 22:27 |